よこた内科クリニック

明石駅直結 内科・糖尿病内科 よこた内科クリニック

お問合せ
TEL078-915-0377
初診専用WEB予約をする来院が初めての方のみご使用ください
糖尿病について
糖尿病内科
即日結果がわかる 高精度のHbA1検査 合併症検査

よこた内科クリニックでは日本糖尿病学会 糖尿病専門医/研修指導医による院長を中心に、日本糖尿病療養指導士の資格を持った専門スタッフと共にチームで糖尿病治療を行っています。また非常に高精度のHbA1検査、腎症や神経障害など合併症の検査も即日結果が分かります。

日本糖尿病協会療養指導医証 日本糖尿病学会専門医証 日本糖尿病学会研修指導医証

糖尿病治療の個別化

糖尿病の病態解明は世界規模でどんどん進み、それに応じて糖尿病治療は個々の患者さんに合った最善の治療ができるようになってきました。

下図は2015年版のアメリカ糖尿病学会(ADA)と欧州糖尿病学会(EASD)合同の糖尿病治療のアルゴリズムです。

2型糖尿病治療アルゴリズム (ADA/EASD statement2015年度版)

健康的な食事、体重コントロール、身体活動の増加、糖尿病教育

初剤単剤療法

メトホルミン

単剤治療を3ヶ月行ってもHbA1cが目標値に達しない場合、2剤併用療法へ

(個々の患者および疾患特異的因子を考慮して選択)

2剤併用療法
2剤併用療法
2剤併用療法

2剤治療を3ヶ月行ってもHbA1cが目標値に達しない場合、3剤併用療法へ

(個々の患者および疾患特異的因子を考慮して選択)

3剤併用療法
3剤併用療法
3剤併用療法

3剤治療を3ヶ月行ってもHbA1cが目標値を達成できず、3剤併用療法が(1)経口薬のみの組合せであった場合は 注射剤の組合せ組合せに変更。(2)GLP-1受容体作動薬を含む組合せであった場合は基礎インスリンを追加。

(3)至適用量の基礎インスリン治療を受けていた場合はGLP-1受容体作動薬または食前インスリンを追加。

治療抵抗性の場合にはチアゾリジン薬又はSGLT2阻害薬の追加を考慮

3剤併用療法
メトホルミン
基礎インスリン+食前インスリン or GLP-1受容体作動薬
糖尿病治療への専門性

このように治療の選択肢が増えたことは、それを扱う我々医師の糖尿病治療への専門性も求められてきています。

しかし明石市は人口約30万人に対して糖尿病専門医は私を含め、たった7人しか勤務しておりません。

指導医はさらに少ないものと思われます。

ちなみにお隣の神戸市は人口約150万人に対して92人も勤務されており、さらに明石市より人口の少ない加古川市でも約27万人に対して明石市の倍の14人も糖尿病専門医が勤務しております。(2016年4月時点の日本糖尿病学会専門医検索により勤務住所より)

当院では日本糖尿病学会 糖尿病専門医/研修指導医による院長を中心に、日本糖尿病療養指導士の資格を持った専門スタッフと共にチームで糖尿病治療を行っています。

糖尿病は症状に乏しいため、死に至る病気との認識は薄いですが、なんと6秒に1人が糖尿病に関連する病で命を奪われている状況になっています。

糖尿病は一人で克服できる病気ではありません。糖尿病治療でお困りの方はぜひ御相談ください。

pagetop

TEL.078-915-0377
診療時間

〒673-0891

明石市大明石町1丁目6-1 パピオスあかし3階